フィッシング詐欺の対策方法は、情報を引き出そうとするメールを見破ることができるかがポイントです。

フィッシング詐欺の実態と恐るべき手口

フィッシング詐欺とは、インターネット上で違法に個人情報やクレジットカード情報などを引き出そうとする詐欺行為です。

 

 

セキュリティ

 

例えばEメールを被害者に送り付けることによって、当人が登録している有名企業のサイトやションピングサイト、
インターネットバンキングのログインサイトと思いこませ、ログイン情報、クレジットカード情報、
銀行口座情報を盗みとるのがフィッシング詐欺です。


 

 

 

まさにインターネットの広大な海の中から「釣り」上げる詐欺と言っていいでしょう。

 

 

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺によって得たログイン情報やクレジットカード情報によって、アカウントを乗っ取られたり、

高額な商品を購入されてしまうなどの被害につながります。

 

 

手口としては、クレジットカード会社や銀行を装って、
「システム変更のために会員情報を入力してください」などといって、
ID情報を入力してしまうとIDとパスワードを詐欺師に渡してしまうことになります。

 

 

もともと米国で大きな被害を出していたフィッシング詐欺ですが、日本でも実際にフィッシング詐欺にあう事例は報告されています。
ただ対策方法は明白で、情報を引き出そうとするメールを見破ることができるかがポイントです。

 

 

まず大切なクレジットカードの情報などを信頼できるサイトと確実に判断するまでは簡単に入力してはいけないことが挙げられます。

 

 

そして何より大切なのは、このようなフィッシングメールや迷惑メールを峻別する訓練が必要だと思います。

 

 

多くの場合、こういった迷惑メールは最近のメールソフトなら迷惑メールフォルダに自動的に振り分けてくれます。

 

 

ただ完全ではないので最後は人間の目で判断することが必要です。

 

 

こういったフィッシングメールは日本人以外が文章を作成していることが多く、
日本が不自然であったり、文体がおかしかったりすることがあります。

 

 

そういった不信な点を見逃さず信頼できるものとそうでないものを見分けるITリテラシーが重要になります。