最近の婚活ブームの影で結婚相談所や婚活パーティーや合コンの中に結婚詐欺師が紛れ込むケースも増えてきています。

アカサギとよばれる結婚詐欺師とは

漫画「クロサギ」によって詐欺師をターゲットに詐欺を働くクロサギの知名度がアップしました。
このクロサギを除けば、詐欺師とは主にシロサギとアカサギに大別されるといわれています。

 

 

ターゲット

フィッシング詐欺などではなく、やはりもっとも多い詐欺の典型として人に儲け話や架空の投資話などを吹聴して

金品をだまし取るシロサギがもっともスタンダードな存在だと思います。

 

 

そして俗にいう結婚詐欺師とは異性をターゲットとして恋愛感情や下心を利用して金品をだまし取ったり、
女性のカモに対しては体を弄ぶアカサギに該当するものです。

 

 

例えば男性のアカサギは結婚をしたいと思っている女性のターゲットに対して
「自分たちは結婚するんだから二人の将来のために用意しなければならないお金がいる。」
などとだまして数百万単位、時には数千万単位のお金を出させます。

 

 

男性も女性も被害に会うことがあり得ますが、どちらかというと女性の方が被害に会いやすいと言われています。

 

 

そして詐欺師がターゲットにするからには多少のお金を持っている未婚の「結婚をしたいとおもっている」女性がカモの被害者像といえます。

 

 

特に30歳前後で結婚に焦っていたり、40代以降の結婚をあきらめきれない女性に多いといえましょう。

 

 

特に最近の婚活ブームの影で結婚相談所や婚活パーティーや合コンの中に結婚詐欺師が紛れ込むケースも増えてきているようです。

 

 

では結婚詐欺の被害に会わないためにはどうしたらいいのでしょう。

 

詐欺の戦法として「相手を異常な心理状態に追い込んで判断を誤らせる」という手法があるといいます。

 

 

人は冷静な判断ができなくなれば、正しい判断を行うことができなくなってしまいます。
日常の小さな判断でも、そういったミスはあります。

 

 

たとえば衝動買いなどもそうですね。
ショウウィンドウを眺めていたら、どうしても欲しくなって服を買ってしまうなど…。
周囲が結婚していく中、取り残される自分に焦りを感じ、その焦りが大きくなればなるほど、アカサギのカモになりやすいです。

 

 

結婚はどうしても縁です。

 

晩婚化も普通になってきており、結婚だけにとらわれることなく自由に恋愛を楽しむスタンスは大切だと思います。